ESGへの取り組み

不動産分野における取組み

不動産分野におけるESGへの取組み状況をご紹介します。

取組方針・推進体制

当社では、不動産運用業務にESG、すなわちサステナビリティ配慮を組込むべく、不動産業務におけるサステナビリティに関する方針を定め、取組みを推進してまいります。

E:環境に関する取り組み

1地球温暖化防止への貢献

不動産の運用における省エネルギー対策を推進すると共に、省エネルギーや再生可能エネルギーに係る設備の導入を検討し、エネルギー消費量の削減を通じたCO2排出削減に貢献するよう努めます。

2循環型社会の形成への貢献

不動産の運用における節水や省資源を図るため、節水機器の導入や3R(リデュース、リユース、リサイクル)に取り組むよう努めます。

3環境リスク評価の実施

土壌汚染・有害化学物質などの環境リスク評価を適正に行い、不動産の入居者や利用者の健康への影響や環境負荷の低減に努めます。

エネルギー消費量及びCO₂排出量に関する削減目標

エネルギー消費量及びCO₂排出量に関する削減目標当社では、「不動産業務に係るサステナビリティに関する方針」に掲げられた個別項目を実践するためのポリシーとして、「省エネルギーポリシー」、「GHG(温室効果ガス)排出削減ポリシー」、「節水ポリシー」、「廃棄物管理ポリシー」を定めています。
不動産サステナビリティ推進分科会における検討に従い、本ポリシーに基づいて、運用不動産のエネルギー使用量・廃棄物量につき、実績把握、目標設定と目標管理、省エネルギー対策の検討と実行を図っていきます。
エネルギー・GHG、水消費、廃棄物量について、年間及び中長期の削減目標を設定し、目標の管理を行っています。

S:社会に関する取り組み

当社は、投資家、当社従業員、テナント、取引先、地域コミュニティなど、事業を進めるにあたり関連するステークホルダーと協働しながら、社会配慮を進めて参ります。

1従業員の啓発

ESGに関する情報の周知や研修などの啓発活動により、サステナビリティに関する意識の高い従業員の育成に努めます。

2社外関係者との協働

PM会社・サプライヤーやテナント企業、地域コミュニティと共に、環境負荷の低減と不動産の入居者や利用者の快適性の向上に取り組みます。

3投資家とのコミュニケーション

投資家との建設的な対話を促進するために、不動産運用に関するESG情報について透明性の高い開示を行うよう努めます。

地域とのつながり

当社は、運用物件が周辺地域と協働して実施している地域の清掃活動や当社周辺地域で行われる「大手町・丸の内・有楽町打ち水プロジェクト」などに参加しています。

地域とのつながり
地域とのつながり
地域とのつながり
地域とのつながり

G:ガバナンスに関する取り組み

当社では、不動産のサステナビリティを推進する組織として、責任投資委員会の下部組織に不動産サステナビリティ推進分科会を位置づけ、不動産サステナビリティに係る取組方針や目標、およびそれらを実現するための具体的な施策を立案しています。
また、全役職員に不動産サステナビリティに関する意識が浸透するよう、方針や目標、および具体的な施策を伝達し、教育・啓発活動を行っています。

外部評価

当社では、ESGへの取組み状況に関し、外部評価・認証を取得しております。

GRESBリアルエステイト評価

GRESBリアルエステイト評価

GRESB( Global Real Estate Sustainability Benchmark )リアルエステイト評価とは、2009 年に国連責任投資原則を主導した欧州の主要年金基金を中心とするグループが創設した不動産セクターの環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮を図る年次のベンチマーク調査であり、不動産会社・REIT・ファンドごとのサステナビリティへの取り組みを評価するという特徴があります。

2017年に実施されたGRESB( Global Real Estate Sustainability Benchmark )リアルエステイト評価において、当社が運用する「合同会社ジャパンコアインベストメント(投資物件:品川グランドセントラルタワー)」、「合同会社アセット投資事業3号(投資物件:アークヒルズサウスタワー)」及び「DBJプライベートリート投資法人」(以下「3ファンド」といいます)が、この度2017年に実施された「GRESB(Global Real Estate Sustainability Benchmark)リアルエステイト」評価において、最高位の「Green Star」評価を取得しました。

総合スコアを5段階で相対評価する「GRESBレーティング」(最上位は「5スター」)では、当社が運営する3ファンドは、4スターを取得致しました。

評価されたポイント

特に「マネジメント」分野に関して、資産運用会社における明確なサステナビリティ目標の設定や、それを実践するための体制整備状況につき非常に高い評価を得ています。

物件での評価

物件での評価

【DBJグリーンビルディング認証】
DBJ Green Building認証とは、対象物件の環境性能に加え、当該物件を取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請への配慮等を含めた総合評価システムに基づき、現在の不動産マーケットにおいて求められるGreen Buildingを、株式会社日本政策投資銀行と一般財団法人日本不動産研究所が共同で選定・認証する制度です。

物件の認証取得状況はこちら
PAGE TOP